• Grey Facebook Icon
  • Gris Icône VKontakte
  • Grey YouTube Icon
  • Grey Blogger Icon
  • Grey Vimeo Icon

今後人類の中で発展してゆくことになるあらゆる自由な宗教性は、すべての人間の中に、理論だけではなく、人生の直接的な実践において神性のイメージを認めることができるという事実に基づいています。

個人同士のそれぞれの出会いが最初から宗教的行為となりり、秘跡となるため、宗教的制約はもはや存在し続けることが不可能になり、宗教的制約を持つ必要もなくなります。特定の教会や物理的世界におけるその構造体の助けを借りて宗教生活を培うことはもはや誰も必要としなくなります。

もし教会が自らをよく理解するなら、物理的世界において不要の存在になること、という唯一の意図しか持つことはできないでしょう。

なぜなら生活全体が超感覚的表現になるからです。

私の電気や電磁気、音楽、電波、鉱物や光に対する早熟な情熱は、徐々に自分の存在意義、世界や命、死の存在意義についての問いへと私を導いて行きました。 この宗教に関する考察は、過去の行程への失望と、新たに生まれた理解への高まる希望を理想的に描いています。

1698年に、ある匿名の文書がパリに出回りました。

「地上と同様もはや天にもいない神よ、あなたの国が来ても来なくても、私にはどうでもよいことです。 あなたの意思が天におけるのと同じように地上でもなされるようお願いすることもしません。私が望まなくとも実現するでしょうが、それを甘受しなければならないのは私です。」

それから錬金術、カタリ派、スカラー波、マグネティズム、放射線感応能力、遠隔マグネティズム、共感覚、オーラの色などの発見がありました。

当時は思いもよらない関連に駆り立てられ、私は抵抗できないほどに

葉隠、「武士の秘書」へと導かれました。

 

葉隠はすべて言い尽くしていますが、ただし沈黙によってです。

メッセージは行間に隠されており、つまり葉隠の文字通りの意味、

「葉の下に隠されている」ということです。

 

「葉隠れは時間や利益については何も語らず、

空をぼんやり見つめることに時間を浪費させようともしません。

我々は世界の中に生きており、そこで起こる出来事に反応します。 

唯一の問いは、「自分をどこに位置づけるか」です。」

ウィリアムS.ウィルソン、『葉隠、武士の書』

「誰かがこう言いました。

「聖人の霊廟の中に」、次のような詩があります。

もし心の中で

誠実の道を歩むなら たとえ祈らなくとも

その人は神々によって守られるでしょう。

この誠実の道とは何でしょうか。」

ある男が次のように答えました。「あなたは詩がお好きなようですので、 私も詩でお答えしましょう。

この世のあらゆるものが欺瞞でしかないため、

死は唯一の誠実なものです。」

誠実の道を辿ることは、

すでに死んでいるかのように日々振舞うことであると言われています。」

yukio-mishima.jpg

長年に渡る研究と調査の後、自分の主義と誓約に完全に忠実でありながら、無重力状態を受け入れ、つまりいかなる物質的や合理的反論もなしに、中心テーマが自ずから課されるようになって行きました。